<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2017.10.16 Monday  まわらない音、響かない声

気づけば今日もきっかけを探してる。
そうすると、すごく安直で愚直なものしか思い浮かばない。
あと45秒遅くエレベーターに乗ればよかった。とか
そういうレベルのやつ。

※※※   ※※※   ※※※

それはまるで、
プリンの真ん中をくりぬくように食べた後で
そこに溜まったカラメルソースを救い取り
残ったプリンの上、時計回りに掛けていくような
そういう、心底くだらない私の話を
君は聞いている振りをして相槌をうつ。

またあくるひ同じ話をしても
君は初めて聞いたような顔をして
へえ、そうなんだね。といってくれる。

そういう、至極どうでもいい時間と
それを産める種類の誰かと
どちらかといえば美味しいような気がする程度の料理が
B6用紙1枚に納まる程ある、ちょっと小洒落た店で
聞いたこともない銘柄の、
実際有名でもない赤ワインを飲みながら
終電までに帰って寝たいと思いながらも
結局午前2時半あたりにタクシーを拾う羽目になるような

そういう時間が
今の自分にはとても必要な気がした。

※※※   ※※※   ※※※

薄情じゃないものがいい。
ずっと、そういうものが好き。

※※※   ※※※   ※※※

意を決して、
意を決して、
意を決して、コートを買った。

お高い(私が思う範囲の)洋服を買ったりすると
緊張しちゃって大体汚す。
そのことを、思い出すと、
「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」
っていうマーフィーの法則を思い出す。

実際に汚した時は
そんなことを思い出す余裕もなく
周りの人に
ごめんなさい、大丈夫です。を連呼するわけですが。

※※※   ※※※   ※※※

どうする、賃貸更新する?っていう紙がポストに入っていたので
日曜日はあくせく不動産会社まで。

「そういえば阿波踊りの日に見かけましたよ。浴衣着てましたね。」
あああ、、、、わたしがとっても酔っ払っていた日ですね・・・
「ええ、すごく怖かったです。」
いやあああああああ!!わすれてください、わすれてください!!号泣

そういえば、下の階のひとって・・・
「ああ、無職、ひきこもりです。なんか問題ありましたか?」
い・・・いえ・・・・
あ、そういえば、となりって複数で住んでますか・・・?
「いえ、中国人が単体です、同居は禁止してます」
そ・・・そうですか・・・・

あっお風呂がもう限界で、そろそろ修理を・・・・
「無料修理できますが、その場合、賃貸は下げれなくなりますがいいですか?」
あっそうなんですね、、、、

「ていうか、もういい歳でしょ?結婚の予定とかないの?」
な・・・ないです・・・・
「だったらまだ引っ越さなくていいんじゃないの?」
あっでも、、、、
「あと2年住んで、その間にどうにかしなよ!」
そうですよね、、、、
すみません、、、

と、見えない何かに滅多打ちにされ
スーパーマーケットで、もやし3袋と
生もずく2パックを買って帰宅し
私の日曜日は暮れてゆくのでありました。

※※※   ※※※   ※※※

手と腕が、びっくりするほどむくむので
そうだ!グーグル先生に訊いてみよう。

結果
・飲みすぎ
・運動不足

・・・・・・・・。

それだ!!!!!!!!!

※※※   ※※※   ※※※

本当はもうちょっと違った文章で
似たような内容+何個か書いたブログがあったんですが
下書き保存してたはずが、消えておりました。

自分にしかわからない事だけど
たまにね
思い出せないけど、消えちゃったブログの方が
まともな文字列だったなあ。とかって思います。
まあ、思い出せないくらい、大差のない、文字列なんだけど。

では
みなさまは良い休日を。
わたしは、酒に呑まれる週末を過ごしてきます。


またね。




2017.10.12 Thursday  私は何も持ち合わせてはいないので。

知ってる限りの逆接を一列に張り付けた後で言い切りたい。

そういう言葉を握りしめて泣きたい。

どこまでいってもどこまでいってもどこまでいっても人はひとりである。というのは良い。 

若いころ、その得体の知れなさに恐れおののいていたものの 

それほど自分を慰め、奮い立たせる事実はない。 

そんな気がしているだけの今日この頃。の、ブログです。 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

誰かを一度怒っちゃうとさ 

その人に対して、怒り癖が付いちゃうんだよね。 

一度怒ったら、怒るの、止められなくなっちゃうんだよね。 

だからね、おれはいっつも怒られてるの。 

と、酔っ払ったお客さんがボソっといった。 

 

飲み仲間なのだ。と、 

以前、学生時代の先輩が店に連れてきてくれた

そういう種類の、お客さんが

久し振りに、ふらっとひとりでやってきて

何かの会話の隙間でそうつぶやいた。 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

金曜日。

阿佐ヶ谷のお店で一緒に働いていたメンツが

お店に飲みに来てくれた。 

がはがは笑って、愚痴を言い合って 

お店を締めて、阿佐ヶ谷までみんなで歩く。 

 

トミーの店によって、

みんなで再び飲み始め 

また、みんなで歩いて帰る。 

 

いやあ、夜更かししましたねえ。

また、お店遊びに行きますね。

うん、わたしも遊びに行くよ。

 

そんな話をしながら

ケイティーが先に裏路地を曲がる。 

 

じゃあ、また!と手を振ると 

また、歩いて帰りましょー!と

先を歩く高い声が響いてくる。 

 

私が店を移動になった後、

仲良しだったスタッフの何人かが

同じ店で働くのが無理でも、

近くだったら会えるから!と

上司を説得し、

荻窪の系列店に移動してきてくれたのは今月のこと。 

 

気づけば

結局店長を押しつけられ 

今に至り

嫌なことや、つらいこといっぱいだけど 

こうやってみんなと喋ると 

まだまだ頑張ろうと思える。 

ありがたいことだ。 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

じわじわ滲む具合が惨めだと云った。  

あの時、 確かにそう言ったんだ。 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

自分なりに頑張る。という言葉・意識は  

他人が絡んだ瞬間から とても無責任な言葉になる。 

 

謙虚に思う心が卑屈に変わり 

そうしてなし崩し的な結果しか出せなくなる。 

 

それは、私が音楽から学んだ事のひとつでもある。 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

おそらく、11年ぶりに、ラッキーストライクを吸った。 

そうしてもうすぐ私は32歳になる。 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

※※※   ※※※   ※※※  

 

日曜日。 

丸一日

ひとり、家から外へ一歩も出ず 

掃除したり本読んだり、掃除したり、本読んだりを繰り返し繰り返し 

それはもう、だら、だら、だら。と、過ごしておりました。 

 

洗濯層の掃除をしてもしても終わりが見えず 

そろそろ夕ご飯でも作ろうかね。と

したその時 

私は、私が、一人きりではなかったことを知るのです。   

 

そう、夏の終わりの風物詩 

 

「おう、2年ぶりだな、ゴッキー」 

(今月の別冊少年マガジン参照) 

 

なんて言える余裕なんてあるわけもなく。

それはもう、本能に刻み込まれた行動。

ソファーへダッシュし、携帯電話を握りしめ 

困ったときはバーチー!!に、電話をするも  

そうだよね、仕事中だよね、珍しく留守電。 

 

その瞬間、私のちいさな世界は終わりを見せます。 

もう誰も助けてくれない。 

今日は誰も助けてくれない。

という事実だけが 

私の背中を舐めまわすように纏わりつきます。 

 

そういえば昨日の夜、

ビニル袋がカサカサこすれるような音が聞こえてさ

最初、稲田さんかな・・・

(シーイズマイペット アンド ザ クラス イズ トータス)

なんて思って稲田さんの方を見たけど、

稲田さんはお休み中でさ 

うーん。

あれか、風かなあ。 

なんて思ってみたけど 

本当はちゃんと気づいてた 

窓が閉まっていたことに。 

 

ねえ、君はいつから私のそばにいて 

いつから私のこと知ってたのかな。 

 

うわーーーーん!!

怖いよう!!怖いよう!!  

前回(1、2年前)顔を合わせた時 

必至に戦おうとした私の顔面に向かい飛んできた彼の姿を思い出し 

変な汗がぶわーーーーー。 

 

きっとバーチーはこない 

一人きりのサンデーナイト。 

うううう・・・さいれんない・・・・ 

うおおおおおホラーナイトううううう!!号泣 

 

むりいいいい!!!号泣 

 

と、泣き叫びながら振り回していたのは 

丁度昨日買ってきたばかりの別冊少年マガジン。が 

両手からスパっと吹っ飛び 

まさかのゴッキーにクリティカルヒット。 

 

え・・・うそ・・・ 討伐数・・・1・・・・? 

 

そう、ごんもりは生まれて初めて 

ゴキブリさんをラッキースケベならぬ  

ラッキーストライクしてしまったのである。 

 

それでも 

不安で不安で不安で不安でたまらない権守 

 

本当にしとめたの? 

ていうか別冊少年マガジンの下はどうなっているの? 

別冊少年マガジンをめくったその時、

また顔めがけて飛んで来たりするの? 

 

こ・・・・・こわい・・・・!!号泣 

 

ということで、

とりあえず宮本に電話をする権守。 

 

おい、みやもと、たすけ・・・と、言いかけた時 

権守は思い出す。  

2年前、同じようにゴキブリが出た時 

宮本に泣きついたあの日のこと。 

やつはゴキブリを私に投げつけ  

泣き叫びながら逃げ惑うその姿をみて 

「けけけけけけ!!!!!」と、

腹を抱えて悪魔笑いをしていたあの悪夢を・・・。 

そして 「貸しイチな」といって、

にたりと笑われたあげく 

結局ゴキブリさんの処理は自分でする羽目になったあの日のことを・・・・。

 

電話する人間違えたー(掛けといてひどい) 

 

そうして切り替えの早い権守は 

あ、やっぱいいわ。と、ひとこと 

なんやねん。と、宮本 

いや、ゴキブリがさ(以下略) 

おまえ、ばーちー子供おんねんから、いついつまでも迷惑かけんなや(以下略) と、

宮本に説教をうけつつ 

ひとり、マガジンを持ち上げ 

動かなくなったゴキブリをマガジンごと袋に詰め 

アルコール消毒をこれでもかというほど行い 

ゴミ捨てに行くついでに、コンビニエンスストアへ。 

再び別冊少年マガジンをレジへ運ぶ頃 

切り損ねていた宮本の電話は 

説教から最近恋に落ちた女の子との惚気話へ移っていった。 

 

して、宮本の電話を切るというミッションを達成した後 

バーチーから、

どうしたのかねとラインが来たので 

一部始終を報告。 

お疲れ様。と、一言だけ貰い 

私の休日は終わりに近づくのでありました。 

 

ゴキブリ騒動のたび、巻き込まれる権守フレンズ 

すみません、 

すみません、、、、 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

やっぱりそうだよなあ。と思う気持ちと 

ああ、そうだったんだ。と、思うこころと 

 

ただ、そこに並べられたのは 

わたしがわたしになるまえの 

知らない誰かのお話だった。 

 

※※※   ※※※   ※※※ 

 

あっ。 稲田さんのエサ情報有難うございました! 

 

またね。




2017.09.25 Monday  小ぶりのさんま、頭落としで398円の巻

 

君は想像を超えない

 

※※※   ※※※   ※※※

 

自分自身をむなしく思うこととは別に

その空間をむなしく思う事や

その時間をむなしく思う事は

私の中で、とてもさみしいこと。の、ひとつ。に、なった。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

台風の夜。

窓を開けたまま外をぼんやり眺めていた。

どこからともなく飛んできて、音を立てて転がるゴミ箱だったり

部屋の窓の淵にいるだけで、べしょべしょになっていく自分だったり。

凄いなあ。生きてるなあ。と、わくわくする。

雨は風に攫われて、風は草木を大きく撫ぜて

私の好きな種類の孤独と隣り合って

その様を、開けたままの窓から

ぼんやり、眺めていた。

 

翌朝、ドアを開けると、 

この辺ではみかけない

もみじの葉が玄関に落ちていた。

 

まだ、青々とした

本当なら、まだ、落ちるはずのない紅葉の葉が

玄関、踏み出したその足元に、落ちていた。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

君は今日も誰かの言葉を借りて語り続け、

あの娘は今日もテレビの中の世界の事を引っ張り出して会話をつなげてる。

酔っ払った誰かは自分の世界の出来事を細切れに紡ぎだし

黒髪が似合っていたはずの少年は、見慣れない色に髪を染めていた。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

寝苦しくて寝付けなくて

眠りにおちたとおもえば

数時間ではっと覚めて苦しくて

なんでこんな苦しいんだろ。と思いながら

洋服をポイポイ脱ぎ捨て、ベットに深く潜り込む。

そのまま14秒で布団を這い出て

コップ1杯の水を飲みほした後、煙草に火をつける。

 

真っ暗闇よりもずっとふざけた程度の

薄暗い闇がぼんやり広がった部屋に

街灯のぬくみが入り込み、

そこにくゆる煙が滲み出す。

 

致命的なレベルで何かを間違えたわけではないのに

ものすごい喪失感。

特に何をしたわけでもないのに

とてつもない後悔。

過去感じたことのある感覚が

ぶわって全身を呑み込むようにやってくる。

 

そういう夜が、最近とても増えた気がする。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

久しぶりの休日は

mac book proさんの修復からはじまり、修復に終わる。

立ち上げ早々レインボーカーソル連発から

デスクトップ無表示を経て

なんとか文字が打てるまでに。。

(でもまだ3分に1回は固まるけど・・・)

疲れた・・・疲れたよ・・・・。

わしゃあもうだめだ・・・。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

そんなこんなで、お弁当をつくりながらブログ書きながら掃除しながら洗濯。

 

そろそろ掃除終盤なので、お風呂を沸かすのだ。

 

冷凍庫に秋味を突っ込んで、

コインランドリーから引き上げてきた、

ベットリネンを取り付けて

今日は早く寝ようと思ってたのに

ベットに潜り込むのは午前3時になると確信する午前1時の私です。

 

ベット脇に二株ある、アロマティカスさん

剪定しようと思ってたのに

わさわさわさわさ。

どうか来週まで待ってくださいとお願いするのでありました。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

その想像は、想像を超えない。

そんなこと、誰も教えちゃくれんのだ。

生き急げと、誰も教えてくれなかったのと同じように。

息の仕方を、意識してこなかったように。

 

おやすみなさい、またね。




2017.09.19 Tuesday  可愛い可愛い美鈴誕生祭

さてはて

そんなこんなで

可愛い美鈴の誕生祭。

権守たちは本気を出しました。

 

準備班が前のりで準備をしているころ

主役の美鈴から

「すみません、財布なくしたので2時間くらい遅れます!」とメールが来て

みんなで思わずずっこけました。

まさかの主役が!!主役なのに!!

(まあ、おかげでゆっくり準備ができて助かりましたが)

 

そんなわけで、ここ数週間、

権守の頭を悩ませたレシピを具現化したものものを

アップして行こうと思います。

 

 

まずは、ピンクのカレー

 

 

そして、サラダ。

 

 

そして三種のハムにメレンゲ乗せ

 

 

そして、、、

ザリガニ様

 

 

 

そして今回

権守が一番苦戦したバービーケーキ。

最初、とても完璧!!に、できたのですが

生クリームが溶けて

ドレスがやぶれ

そこからバナナが飛び出すという

(みんなには下ネタやめろといわれたけれど、下ネタではなく、おおまじめに言っている)

事件が勃発し

うわーん!!と、号泣していたところ、よなさま登場。

ネイルやってたから、花ならつくれるよ!!ということで

花を大量に作り、バナナこんにちわ箇所に花をあてがってくれました。

 

 

 

 

 

そんなこんなで

美鈴に、21歳の豊富は?と訊くと

「就職ですね!」と、即答。

すごいなあ。わたしなんて、就活せずにツチノコ探しに行ってたよ・・・。

 

そんなわけで、かわいいかわいいかわいいみすずさん。

 

 

 

 全体図はこんなかんじ。

 

 

 

喜んで貰えたようで、ひとあんしん。

でした。

 

※※※   ※※※   ※※※

 

 

そして

わたしの可愛いパソコンが壊れました。

今日は初、スマートフォンからブログ投稿です。

 

書きづらい!!笑

 

やっぱりスマートフォン、携帯電話は苦手です、、、。

 

最近の若者は凄いのう。

これで、あんなこと、そんなことやってるなんて、、、!

驚愕です、、、。

 

そんな訳で

もう心が折れたので

この辺で、、、

 

 

またね。




2017.09.07 Thursday  来週こそ時間作って秋刀魚。

日曜日。
部屋の掃除が終わりかける頃
知人が遊びに来るというので
あ!じゃあついでにさんま2匹とさんまの刺身を買ってきてよ。とお願いしたところ
なぜか鮎と鯵と、茗荷を買ってきた。
ちなみに
知人が来るとわかった時
茗荷と大葉とキュウリで出汁漬けを作っていたので
茗荷家にあったのに。と言ったら
いや、お前の家の冷蔵庫事情なんか知らんがな!!と言われ
確かに。と、納得。

鮎のぬめりを丁寧にとって、
お腹をなぞってウンチを出す。
キッチンペーパーで水気を拭き取ったあと、
塩を押し付けるようになじませてフライパンで焼く。

秋刀魚じゃないけど、鮎もいいよねえ。なんて適当なことを言いながら
でも秋味には秋刀魚だったな。と少しだけがっかりする。
それにしても、家で誰かとご飯を食べるのは久しぶりだなあ。と思い
あ、再来週は女子会・・・未知との戦い・・・と思い出し
黙々黙々レシピを考える。
もう味のことは気にせず、見た目にこだわろう!!と言ったはものの
味って大事だよね。
っていうか味が大事だよね。
うん・・・。

※※※   ※※※   ※※※

スピッツの、醒めないを聞くと、元気がでる。
あと1、2年、この昼夜ターンな仕事を頑張ったら
また絶対、音楽をやるんだ。と
スキップしながら歩く。
はたからみたら、ただのへんなおばさん。
でも、それでいいのだ。
ごきげん。
ごきげん!

※※※   ※※※   ※※※

夜バイト先についたらまず、看板の電気をつける。
ドアの鍵を開けて、エアーコンディショナーをつける。
制服に着替えて、トイレ掃除をしたら
漂白していたタオルを洗って干す。
おしぼりをセットして
テレビの電気をつける。
iPhoneをつないで、音楽を流し
それを聞きながらお通しをつくり
こっそり自分のお弁当箱を洗う。
店内のライトを調整して
ゴミ箱の上に座ってレジ金を確認する。
自分の部屋と大体同じ広さのお店は
お店としては、こじんまりとしていて
ちょうどいい。

24時40分にラストオーダーの掛け声。
25時15分頃に、お客さんを叩き出す。
ゴミ箱の上に座って、
日報を書いて、レジ金を数えて
発注するものを確認して
テレビをけして、制服を着替え
おしぼりの電源を落とし
タオルを漂白し
店内のライトを全て落として
鍵を掛け
看板の明かりを消す。

そうして
ああ、今日も疲れたなあ。と
ぼそっとつぶやくのでありました。

※※※   ※※※   ※※※

たおさんがお誕生日だったということで
おめでとうございました。

ささやかながら・・・・・
完成するのかもはや不明な6cmという短編映画のために
作りおろした、インスト。を
アップしてみます。
テンポがずれているので、ほんちゃんは録りなおす予定。
でも大体曲はこんな感じ。



女の子が
家で待つ恋人に
メロンを買って、
両腕に抱えながら帰り道を歩くシーンで使う予定の曲。です。

※※※   ※※※   ※※※

もう少し書く予定のブログが
もうタイムオーバー。

バイトに行ってまいります。

んでは、またね。




2017.08.29 Tuesday  ひねもす きみの ことばかり

やたら長いブログを書いたけど消えた。
古い知り合いのお店に飲みに行って
色々思うことがあった的な
大体いつものワンパターンな感じのやつなので
書き直すのをやめた。
だからといって、書き直したところで
また私の、いつもとなんら変わることができない
言葉が羅列していくのだろうけど。


漫画を大量に借りたら
「それ、以前も貸し出ししてますが、お間違いないですか?」と訊かれた。


今年もどっこい、阿波踊りに行った。
ものすごい人混みに酔って
ビールと赤ワインをちゃんぽんして酔って
よくわからないままに1日が終わっていた。

この雨が上がったら、もう秋になっちゃうのかなあ。なんて
わかっていたはずなのに、
逃げ遅れた夏がかげろうみたいに
夜の空気にぽっかり口をあけていた。
それを取り囲むような、しんとした秋の淵に足を沿わせるように
なんでもない季節に落ちたらダメだよ。と
ゆっくり、ゆっくり歩く。

お店が暇だったので、1時間ほど早く閉めて
久しぶりに終電で高円寺へ帰る。
人もまばらな改札を抜けて
純情商店街を抜ける。
ライブハウスの向い
精肉店のシャッターの前には大量の吸い殻と
べこべこの缶ビール。
この街も、私も、どうしようもないところだけは変わらないのだな。と、
しゃんと目をあげて歩く。

イヤホンからは、スピッツの新しいアルバム。
ああ、でも違うな。
今日はきっと
トムウェイツの、グレープフルーツムーンが
一番しっくりくる。
だから早く家に帰って、CDの棚を漁ろう。

たいして、今の自分は好きではないが
これ以上、自分を嫌いにならないように
もう少し、頑張れるところ、頑張ろうよ。って
いろいろ踏ん張ったり、食いしばったりしてみている。
誰が見ているわけでもない
完全な自己満足な代物だし
そうそう、すぐに何かが変わるわけではないけれど
なにも急ぐことはなし
誰も
丸一日、逆立ちして歩けと言っているわけではないのだ。
言葉の選び方や
声にしていいもの、悪いもの
ちょっとの気持ちを押しとどめて、自分なりの正解の方を向くこと
そういう、小さな、どうってないことを
少しずつ、頑張るだけのことだ。
たぶん、少しずつだけど、
また、目指したい自分が見えているような気がして
その、おぼろげな、こうでありたい自分を語るのではなく
おぼろげな自分と今の自分が繋がるように
小さなことを並べているだけなのだ。

※※※   ※※※   ※※※

9月の女子会は
みんなの可愛い可愛いみすず(20)の誕生日をこっそり計画中なので
とてもはりきって用意をしている。
可愛い可愛いみすずは大学生(ギャル)なので
たまに本当に意味のわからない言葉を喋る。
その中でも、なんとなくわかる言葉はある。
ぱっらぱぴーやですね!とか。
まじやばぴっぴですね!とか。
とりあえず、なにかにつけ、ぴっぴぴっぴ言ってるので
とりあえず私も、ぴっぴぴっぴ言ってみる。
そうすると、権守さん、使い方間違えてますよ。と言われる。
なにやら衰えた私の目には映らない法則があるらしい。

彼女はとりあえず、ハートだとか、赤色だとか、ピンク色が好きで
魚介類やら(でもエビとカニとわかめは食べれる)、
野菜やら(でもきゅうりは好きらしい)、とにかく食べれない物が多いので
とりあえず
ピンク色のカレーとザリガニとピンクの醤油。
カラフル海藻ビーズに
ネットでまずいと評判だけど、女子が好きそう(勝手なイメージ)な
カラフルリボンパスタと
バービー人形(ケーキにする)を注文してみた。
創作料理は割としてきた方だけれども
そのよくわからない材料たちから、人に提供できるものを作れるのか
はっきりいって謎である。

謎すぎる・・・・

未知との遭遇ののちの戦いに、私は勝たねばならぬ。
可愛い可愛いみすずの為に・・・!!!!

(つづく)

※※※   ※※※   ※※※

買ったものの、もったいなくて飲んでいない
私の大好物、秋味。を、冷蔵庫に入れ
部屋の掃除と洗濯を始める。
稲田さんの水槽を掃除して
時間があまったら、玄関の床を張り替えよう。

そして今日こそ
今年の、ひとりさんまフェスティバルを開催するのだ。

はらはら、ぼげぼげしていたら、
1ヶ月の予定は3cmほどの隙間を少しずつ残して
ほぼほぼ綺麗に埋まっていた。
つまり
今日しかないのだ。
私の、さんまフェスティバルを堪能できる日は・・・!!!!!

スーパーマーケットへいって、お弁当の用意をしたら、お風呂に入り
洗濯物を畳み終え

秋味
さんまの刺身
秋味
さんまの酢の物
秋味
さんまのたたき
秋味
焼きさんま!!!!!

よし。


またね。




2017.08.10 Thursday  あごの骨の裏のところ



して、インストゥルメタルとは
ボーカルなし、楽器のみの曲のことです。
そして、ライブ予定は当分ありませぬ。

※※※   ※※※   ※※※

ぶらり山梨の旅、たのしかったです。
風邪でダウンのため、ひとり不参加になってしまったものの
1日で遊べるだけ遊んだ。
桃狩り、桃パフェづくり、バーベキュー兼誕生日祝い、昇仙峡、川遊び、
権守実家へ顔をだし、ほうとう食べて解散。

途中
ほうとうを食べる前に立ち寄った実家。
色々食べ過ぎて、ほうとうが食べられない!!と、
みんな揃って座布団に寝ころび
おなかをパンパン叩いて腹太鼓大会をしていたところ
お父ちゃんがガラガラ引き戸を開け、
「お前たち・・・なにしてるんだ・・・・」
が、びっくりするお父ちゃんを気にもしない友人たちは
「うんこでればほうとうたべれるよ!!」と
お互いの腸を揉み合いはじめ
私は一人脳内で木綿のハンカチーフを再生するのでありました。

が、
お前の友達はみんな明るいなあ。
と、お父ちゃんがポツリ。

さすがです。

※※※   ※※※   ※※※

して、今日はスピッツのライブに行ってきました。

会場につく少し前に
そういえば、スピッツのCDを手にとって、ファンになってなかったら
音楽を聴くということを、日常にしなかった様な気がして
だとすれば
絶対バンドを組むんだ!なんて思わなかっただろうし
そうなると、
音楽をすることもなかっただろうし
もしかしたら
まさかの、美大に行きたい!と、思うこともなく
絵を描くことは変わらず好きだったとしても
美術の学校に行くこともなかったのかもしれないなあ。

そんなことを思い、
一緒に行った友達にそう言うと
「ああ、じゃあ、スピッツと出会ってなかったら、まともな人生を送ってたんだね」と、一言。

えええ!そんなことないよ!
どっこい、ろくでもない人生を送っているだろうよ!
人格形成に大きく携わっていることは間違いなし。だけども
そもそも、わたしの人間性によって左右してきたことですし
あれ?卵が先か鶏が先かの話だって?
いや、そういうことではなく・・・・
ごにょごにょ
ごにょごにょ
・・・・・・

スピッツを聞き始めて22年。
初めての発見に、何を言っても付け焼き刃になるのでした。

※※

ライブの感想は書きませんというか
かけませんが
しあわせなきもちを抱きかかえたまま寝ようと思います。

※※※   ※※※   ※※※

最近のわたしは、どんどん駄目で
どんどん小さな人間になる。
目一杯落ち込んで
目一杯反省して
自分なりに考えて
自分なりに頑張って。
いままでみたいに、小さくても一歩一歩、自分を変えていけたら良いと思うのに
目一杯落ち込む暇さえなく
今日が明日になって、明日が今日になって
何にもできないままが、どんどんどんどん増えていって
どんどんどんどん小さくて卑しい人間になる。

ストップ!とまれ!と、声をあげてみたけど、何も止まらない。
何も?
止まらないのは、時間と惰性だけじゃないか。

しまった!
今日だけはしあわせなきもちを抱えたまま眠るんだった・・!!

という訳で
洗濯物を干して眠ります。

おやすみなさい、
またね。




/ 1 / 96 / >>

Profile

Archives

admin