<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2017.04.06 Thursday  ぼくのこころは、

「birth3/4」

ンワンタイタイ

終わりのあるこの街で
見つけ出したんだ、無くしたんだ。と
僕らは霞を食べる

滲んだ星 頬を伝うは熱
たぷたぷたぷ、たぷたぷたぷ、
溢れた 気持ち

空振った音に まみれているあなたも
汗ばんだ手のひらに 明日を託している

青、落としたの
音になる前の感情に
音、落としたの
青くなる前の静寂に

あぶれたいのちのひとつ
名前も持たずに
橙に染まり
ただ、そこで、なく。

なぜ、うまれたの
訝しむ 摂理 愚問
なぜ、うまれたの?
したこがれ、おどる、ほのふ

※※※   ※※※   ※※※

進撃の巨人season2がはじまった。
久しぶりにハガキ職人してる。

数年ぶりにカバンをかった。
なぜどうしたの、まさかのポーター。
ポーターなんて高校生以来に買った。
でも軽い!軽いなあ。肩が楽です。

革ジャンバーをクリーニングに出して2ヶ月程経つけど、音沙汰なし。
春が終わってしまうな。

春だから君に会いたいけど
春だから君に会わない。

昼の仕事を終えて、洗濯機をまわし
夜バイトへ向かい、バックルームでカップヌードルをすする。
仲良しの子と一緒に帰って、ちょっとしたお散歩気分。
帰ってきて、たばこを吸って、ガレットを食べて
洗濯物を干して、お弁当を作って、お風呂に入る。
ルーチン。

あしたは仕事を早退して、通院。
夜は久しぶりの知人に会う。
もう1年くらいあっていないような気がする。けど
話していて、ああ、たのしいなあ。と思える、数すくない、知人。
向こうに用事がある時しか会わない。
前回は確か、サントラ作ってくれーっていうやつで
今回は、ミシンを貸してくれー。っていう連絡だった。

帰り道、友達と分かれた後
以前、通学路だった道を進む。
2件あったスーパーマーケットはつぶれてた。
そのうち一つは、
かねきや。というスーパーマーケットで
品揃えは最高に悪かったけど
店長のおじいちゃんが好きで
時々顔を出した。
いつも、熱心に、なにかを話しかけてくれた。
それは時に、カメラのことだったり、
地元出身のプロゴルファーの話だったりした。

この道を通ると、嫌でも思い出す歌があって
そう、この道を歩いていたあの時のうたをつくったんだ。
随分昔に、つくった、うた。
君のことを思ってつくった、最後の、うた。

洗濯機が終わりの合図を告げる。
重い腰をあげて
さあ、洗濯物を干して、お弁当をつくろう。

換気扇のごうごうとした音だけが響く。
窓からは、春の匂い。

こういう静かな夜が、やっぱり落ち着く。


インスタントカメラ、結局出さないままになってしまいそうだ。


またね。




+ comment


たぶん この曲タイ見たことある、、、
たぶん って なんだろう
きおくの曖昧さ の 曖昧 感をつたえるときの
たぶん なのかな ま、いっか (笑
宮澤賢治の 春と修羅 すきさ
まぁ ぜんぶ わかるわけでもないけど すき
共感覚 だったんだって
なるほどなぁ って なった
僕のことばも ぜんぶわかるわけでもないけど
ちょっと 入口にちかづけたのかも って

じぶんの時間のない日常のなかに
ながくいると
こころが どこかで立ち止まったまま
置き去りになったよに感じる
立ち止まり 流れる雲を見送るよに
ただ 日常の時間だけが 過ぎ去ってく感覚
はてさて
どこで ボクは置き去りになってるのか?
とかだと
ただ 時間がすぎて サザエさんになるので
選んで きめて うごく いっぽ
疲れて重い身体でも いっぽづつ さんぽ
1時間くらい経てば
見なれた すきな場所にたどり着く 川辺
じぶんの時間になった感じした

革ジャンって
クリーニングに出せるものなのね
しらなかった
ボクの持ってるのとか 人工だし (笑
でも 2ヶ月 放置って 大事なもの でも
ない感じする
あいたい革ジャンなら
はよ着ないと もう暑くなちゃう
放置ぷれー って よくわからん
あいたい けど あわない とか
乙女心でなく たいへんへんたいなのでは
とかね (笑
写真も放置のままなら
たのしい が撮ってる瞬間のみにあるのなら
そこで完結してる もの になるのかも
ふむ たのしみかた あそびかた
いろいろあるものね

ずーっと 1日があっという間で 起きて寝て
また あげいん! みたいな繰り返しの毎日で
じぶんの時間って なんなんだっけ? だった
選択と行動なのかなぁ って
つかれて ぼんやり考えてた
疲労と時間に流されてると サザエさん
まぁ サザエさん見ないけども
まいにち くたくただけど
ボクのこころは 月日で そんなに変化がない
成長もないって ことかしら? (笑
フツー10年経てば
ずいぶん昔の話だろうけど
22歳の僕も きのうと云われれば きのうな感じ
時間の感覚って へんなの

もう 寝ないと そらが明るくなってきた

けんこうだいいち!

おやすみなさい

またね
たお 2017/04/06 5:27 AM


春。3日前に、庭の金魚やメダカに5か月以上ぶりにエサをあげました。
特に金魚はエサをあげる前までは、エネルギー消費を最低限にするためなのか、最低限の泳ぎだったのが、今日なんかは、エサくれくれと泳ぎだしてます。
可愛いのですが、心を鬼にしてエサは最小限に。(笑)

終りのあるこの街。
これからイメイジできることが沢山ある。
1つのイメイジに固定さえしなければ。

柔軟さを持っていたい。

では、また。
ライフ 2017/04/07 7:39 PM





Profile

Archives

admin