<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2018.09.18 Tuesday  青色のペン、薄いピンクのマシュマロ、花柄の缶。

DAMBOと、よたった字と
耳の大きな、申し訳なさそうな顔をした象が描いてあるTシャツを買った後で
それがディズニーランドのキャラクターであることに気づき驚愕する。

ついに、ディズニーアイテムを買ってしまったのだ。

一生そんなもの買う事はないと思ってたのに・・・
衝撃・・・・


※※※   ※※※   ※※※

来週には京都だ!京都だ!!!

※※※   ※※※   ※※※

ちょっと路線を変えてお送りしよう、
わたしの物づくり人生中期大作戦〜

ということで、
うまれてはじめて、自分に違った名前を与え
地味に活動をスタート。
実に地味に。

音楽でも絵でもないところからスタートしてみたけど
結局そこでも音楽とか絵とかもやっちゃうんだろうな自分・・・
もちろん、音楽と絵にまで手を伸ばすのは
掛け持ちのバイトを辞めてからだけど。

ネットのどこかで私のような人に出会ったら、それはもしかしたら私かもしれない・・・!

なんちゃって。

でもそれはもうきっと権守麻美ではないのだな。

※※※   ※※※   ※※※

けろけろけろっぴ〜

※※※   ※※※   ※※※

案の定風邪を引いて
なんかもうずっと風邪を引いている。

うまれてはじめて、稲田さんと離れて生活をしている。
17年間、毎日一緒だった稲田さんを、ついに実家に遭づけたのだ。
「術後しばらく重いもの持てないっていうから、稲田さんの掃除出来ないでしょう」と
どでかい稲田さんの水槽と共に
「ついでに菅ちゃんも預かっとくよ!ほら、術後しばらく仕事だけでも手一杯でしょう!」と
母親の術中にはまったのである。

とにかく
部屋が静かなんですよね・・・・

稲田さんはとにかくよく暴れたし
菅ちゃんは籠から出すまでひたすら鳴いてたし

振り返っても稲田さんも菅ちゃんもいない・・・・
ついうっかり「ただいま」とか言っちゃうけど、誰もいない・・・・

そう、私。
うまれてはじめて、ホームシックならぬ、ペットシックにかかるのであります。
あ、現代風にいうとペットロスか・・・・。

とはいえ、死んだわけじゃあないですし。と
1か月経って、ようやくさみしさから抜け出して来たところ

母親が送りつけてくる動画の数々。
稲田さんはトリのささ身。すがちゃんはトウモロコシを食べていた。

こ・・・・これは・・・・
実家でしか味わえない豪勢な食事をまさかのペットにまで・・・!!!
くっっっ・・・・・!!!

※※※   ※※※   ※※※

明太子のおむすびって、どうしてあんなに美味しいの?

白米は嫌いだけども。

油揚げとほうれん草のお味噌汁は、どうしてそんなに美味しいの?

たとえその出汁が顆粒だしだったとしても。

おかしい。そんなの間違ってるよ。
ちくしょう。


またね。




2018.09.04 Tuesday  秋味と焼き秋刀魚最高でしたがすだちと大根を買い忘れて味気ないのでありました。

すみませんすみません
落ち込む事や追い打ちかけることが色々あって、おっぺけぺーしておりました。

さて、
初・阿波踊りに行かず、家で秋味を飲みながら秋刀魚を食べました私です。
ほんとうは秋刀魚の酢漬けも食べたかったの。

ではでは、今回の入院ハイライトしていこうと思います。
ぱふぱふー。

※※※   ※※※   ※※※

まず。
今回も、お世話になりました、東京医科大学病院。

エレベーターを降りた右側がご懐妊系、左側が私含めた病人系。
ロビーは共通なので
生まれたばかりの赤ちゃんを抱きあげ、家族写真を撮っている団体の前を
リハビリ中の患者さんが通ったりします。

もしあの人が、子宮をとってしまって、もう二度と子供が産めないとかだったら・・・
どんな気持ちで家族の幸せ風景を眺める事だろう・・・・
せめて!!せめて階(フロア)を別にしてあげる事は出来ないのか?!

ああ・・・・エレベーター降りたその先は
右は天国左は地獄・・・・と、
ひとり、おそれおののくのでありました。

とまあ、地獄ゾーンの一員のわたくし。
入院しますとこちらの着用が必須になります。



こいつはディズニーランドのフリーパスとも
スーパー銭湯なんかで言うところのおまとめ清算バーコードとも
似て異なるもの。

しかし、ことあるごとにこいつを読み込まれてから
点滴や採血が行われます。

今回病室は4人部屋の通路側。
6人部屋希望を出しましたが叶わず。
差額ベット代が、1日毎に+6480円掛かります。

病室はなかなかつわもののおばあちゃんが多く
看護師さんに向かって
「あんた!この病院今裏口入学で有名だけどどうなの?!」
えええ?!聞いちゃうの?!
「ああ、看護師は看護学校等のよそからくるので、そういうのはあまりないんですが
大学からエスカレーターで来た先生の中で、怪しい人はいますよね」と、看護師さん。
えええ?!答えちゃうの?!

ま・・・まあいいか・・・・。

はたまた別のおばあちゃんは
「あんた、おもいやりがないのよ!つめたいおんな・・・」と、新人の看護師さんを怒鳴り散らし・・
昼頃にやってきた別の看護師さんに
「ああ、あんたとは気が合いそうね。またあいつが来たらどうしようかと思っちゃった・・・」と、一言。
まあ、確かに、失礼な看護師さん(前回入院時体験済み)もいますが
心に余裕をもって、色々なことを許せる人になりたい・・・と
思う私の入院初日のお昼ごはんはこちら



おおおー。ライスじゃない。うれしい!!
嫌いな食べ物を聴かれた際に「白米」と答えたからなのか?と、浮かれていましたが
夜ご飯は米でした。



無念。

さてそして入院二日目は手術の日。
点滴を失敗されまくる私。



「下に居る先生の方が上手いから!!!」という事で
点滴は、手術してくださる先生方に託されることに。

麻酔科の先生から
点滴、腕難しそうなんで指でいいですか?と言われたので
「できれば指はむしろ嫌です」と、遠慮しない私。
振り返る人生・点滴痛かったランキング1位は股間。2位は足の指ですからね。

痛いよー。痛いよー?と、先生たちに脅される硬膜外麻酔。
前回は痛くなかったので、よゆーよゆーと思っていたのもつかの間
やばい、なんか今回痛い・・・!!
でもまあいいか・・・。

麻酔が効いてくるまで、先生ズとどうでもいい話をちらほら。
手術用のライトがレンコンに見える・・・と、言ったところ
全員無反応だったので
あ、なんかすみません・・・・と言ったのが、手術前最後の記憶です。

そんなこんなで
手術が終わり、病室に戻り意識が戻りかけるころ
父親と母親が、私の入院グッズ(主に本)が多すぎる的な会話していたので
「もー!今更言われても困るよ!手術前に言ってよ!」と言ったのが最初の記憶です。

さて、今回手術で取れた物をアップしますがグロいので、見たくない人はワンストローク飛ばしましょう。




こちら成熟嚢胞性奇形腫とかいうやつ。
ブラックジャックでいうピノコらしいです。
中身は髪の毛、脂肪。歯、骨など。おおよそ7cm。
精子と受精していない卵子が単独で増殖することでつくられるそうで
「うちの子はどっちも独身だから・・・でも体は子供を欲しがってるのね・・・」と、
親がこそこそ言って、姉が落ち込み、私は何も聞かなかった振りをする。という
我が家のルーティンを、久し振りに踏みます。

今回の手術は、まあ簡単なもの。だったんですが
私は以前手術した大腸とこの卵巣の腫瘍が癒着しちゃって
通常内視鏡で行けるのが開腹しなきゃだったり
取り外す時にまた大腸に穴が開いちゃうかも?また人工肛門になるかも?と
言われるだけ言われたけど、案外ちゃちゃっと終わってラッキー!というものでした。

日頃の行いだな・・・・、

で、まあ、その日は絶食。
オナカスイタヨー・オナカスイタヨー。と言っていると
母親から
「本当に昔から食い意地だけはってるんだから・・・」と呆れられます。

そして翌日の絶食開けは夜ごはんから。


久し振りだな!!!!水分ズ!!!!



それでも美味しい。1日半振りのご飯おいしい。

しかし翌朝目覚めても水分。



待てど待てど水分。



もはや写真を撮るのも面倒になる水分が続く頃
前回の恐怖、そして最大の敵、腸閉塞を免れるため
私の歩け歩け地獄が始まります。
(前回この腸閉塞のお陰で、数週間絶食、水の一滴も飲めない状況に陥ったのである)

しかし今回はリハビリだって苦にならない。
なぜなら
今迄の手術が嘘のようにあんまり痛くない!!し
この子が私についていた!!!

じゃじゃーん



前回のブログでも書いたPCAちゃん。
モルヒネの友だち。

痛みが増して来たら、このPCAちゃんについている



このボタンを押すと、PCAちゃんの中に入っている麻酔が
背中の穴から脊髄方面へと続く管にプシューと流れ込みます。

PCAちゃんさえいれば、もう怖いもの知らずな私。

しかし・・・・!!!
ある日訪れる恐怖、それはPCAちゃんの寿命・・・・。

ボトルいっぱいにあったPCAちゃんの命は
気づけばしぼんだ風船そのものに・・・・





看護師さんから
「もって明日ですね」といわれる私。

どうしよう・・・・
今回痛くない!!とか言ってるけど、
PCAちゃんの存在が大きすぎるだけで
実はPCAちゃんが居なくなったその時から猛烈に痛かったらどうしよう・・・。と

その日はPCAちゃんロスを想うお陰で、胸が痛んで眠れませんでした。

が、翌日。
何の前触れもなく
PCAちゃんを見るや否や「あ、もうないね〜!」と、こともなく抜き去られる私。

ううう!!!!号泣



あれ?やっぱ全然痛くない・・・・!!!
PCAちゃん!!!!
きっと一番つらい時期を何も言わずに支えてくれていたのだね!!!と、感謝する私。

そして
PCAちゃんが抜けたら待っているのは手術後初のお風呂!
お!ふ!ろ!
もちろん湯船は1か月は入れません。が
汗でべっちゃべちゃの髪の毛を洗える幸せ・・・・。
そしていざ対面する今回の傷跡。

そう、傷跡・・・・

なんと!!!
おへそ下から、股間1cm上までざっくり。
股間まで1cm・・・・!!!
これ、笑って裂けたらおまたとお腹がつながっちゃうよ?!と、ひとり大騒ぎしたのは秘密です。


そして食事もサラサラからドロドロへ。



これ、左上の物体、白身魚の味噌にを、ペースト状にしたやつで
骨も一切なく・・・
今まで食べた中で、一番の手間暇を感じます。
そして!!!
右上に初固形物、お豆腐が!!!

わーん!うれしい〜!と、思い、手を伸ばした時
看護師さんに突然呼ばれ、慌ててお皿を落としてしまい
結果、食べられないという・・・・。
愛しさと切なさが心強さに変わるのは次の食事の頃でしょうか。

しかし、良いことと悪いことは常に隣り合わせ。
6人部屋に空きが出た!とのことで、4人部屋から6人部屋へ〜
かつ、通路側から窓際の席へ!

これはメンタルにもお財布にもうれしい〜。



(中略)

元気になった私。は、もちろん眠れない日々を過ごすわけですが
そこで巻き起こるのは深夜の病院一人肝試しツアー。

手薄になる深夜のナースステーションをすり抜け、別階を探索します。



誰もいないと思っているところで物音や話し声が聞こえると
びくうううう!!!となってしまう自分を嗤って楽しむというシンプルな遊びです。

※3日程で飽きました


そんな肝試し中、エレベーターのボタンの不思議に出会います。





さて、何が違うかわかりましたかな?
※答えはコメント欄にて!
※正解してもプレゼント等はありません。


そして、そんなアクティブな入院患者権守は
あまりに手がかからな過ぎて
看護師さんから存在を忘れられること多々。
更には検診にきた看護師さんから
「こんなに痛がらない患者さんは久し振りです・・・・」と言われる私。
だって!前が痛すぎたんだもの!!!
こんなのなんともないわよ!!!

(中略)

そうそう
今回もたいくつな入院、いろんな方がお見舞いにきてくれました!感謝!





ぴっくあっぷお見舞いは
おなじみでんちゃん。と、でんちゃんの秀逸な差し入れ。



そしてまあ、ご飯も徐々に通常に近づくにつれ、やってくるのは私の天敵。
米粒が感じられるようになってくるおかゆ。



しかし、権守は協力な助っ人を手にするのである。

て〜REってれ〜



かんそ〜た〜ら〜こ〜!!!

こいつを使えば、苦手なおかゆもなんのその!
しかし!!!

3回でひと瓶使い切るという驚異のスピードに
母親から
「使いすぎ・・・・」と、怒られ
それ以降たらこを与えて貰えなくなることをこの時の私は知りません。

お陰でおかずのみの完食が続き
そんな私を見かねた母。
ご飯食べ切り度チェックをしにきた看護師さんに
「このこ、米が嫌いで・・・・」というと
通常食に戻ってからは、極力パンと麺を出すようにしてくれるというではあ〜りませんか〜!


入院中、母親にもっとも感謝した瞬間です。
(もちろん嘘です、感謝すべき場面は多岐に及びます)

そして
その結果がこちら。

    

うどんそばぱん。
しかし煮物とパンはあまり合わず。


そんなこんなで10日入院の後、退院の日。
例のベルト裁断式が待っています。



10日間、常に左腕に居たバーコードにはさみを入れられると
ほんとうに退院を実感できるというもの。



やったぜ!
※全力で退院を喜ぶわたくし。


し!か!も!
今回はたった10日の入院&途中から6人部屋への移動もあって
入院代は今までよりずいぶん格安。



ううう。たすかるよう〜!!号泣

というのが今回の入院の一連の流れでありました。




元気がいちばん!けんこうだいいち!



※※※   ※※※   ※※※


ちょっともう頑張って書きすぎたので、疲れました。
もう今日は何もかけないぞ・・・・

またね。




2018.08.11 Saturday  どっこい無事です

どうもどうも、どっこい生きてます。

入院初日
血をとるのは失敗するし、点滴も3回失敗するし
見た感じ若いスタッフばかりで、あら不安な私でしたが
いままでした手術の中では一番痛くない!
すごい!わたしげんき!



げんきですよー!!

なんかもう精神的にもらくちんなので
あとでなんか闘病ブログでも書こう。
ネタはあがってんぜ!!

そうそう
今回の入院の私の心の友、PCAちゃんと、
先ほど涙のお別れをしてきました。
私の一番つらい時期を支えてくれたPCAちゃん、本当ありがとう。
君がいなくなってしまうことがとても不安で
昨日は文字通り眠れなかったけど
私はやくラーメン太陽が食べたいから、さっさとリハビリして
こんなところとはおさらばだ!!!!

今日はもう元気すぎて朝っぱらから燃えよ剣を読んでおります。
新選組ツアーでたまたま買った土方歳三ポスターを見た母親が
麻美は土方が好きなの?あんな危険な男!!と言っていましたが
新選組の顔写真で手に入ったのが土方くらいだし・・・・
格別土方が好きという訳でもないあげく、
なんだろうその母親の土方の認識。

そうそう、母親上京初日こそ、白々しいすがちゃんでしたが
今はもう母親にべったりなついたらしいです。
さすが、薄情さだけはぴか一の菅さまでございます。
本当は猫なんじゃなかろうか。
といっても猫なぞ飼ったこともございませんが。


そうそう、今日のブログはとりあえず元気だよ!の
ご報告ブログということで
詳細はおいおい〜。


ほいでは。

またね。





2018.07.19 Thursday  オロナミンCおいしい。

もうここ3か月程
毎朝オロナミンCを買って会社に行き
机に座ってパソコンの電源を入れた瞬間にプルを引く。
という生活をしている。

会社の自動販売機で買った方が40円安いのに
ついローソンで買ってしまう怠惰と贅沢・・・
しかし、今日、なんて悲しいことに
オロナミンCが売り切れいてたので
会社の自動販売機を思い浮かべた後、時計を確認し
まあ、仕方がないと隣にあったデカビタを買う。

かつての私は
毎日のルーティンのうち、
ささやかなひとつでも乱れてしまうと
それはとても大げさに
今日1日が終わってしまったような
つらく悲しい気持ちになったものですが。

と、書いたはものの、
おかしいなあ。
やっぱり何か違う気がする。

※※※   ※※※   ※※※

眼球にみずぶくれ再び。
眼帯は嫌です。無理です。
三半規管が全力で訴えてきます。
ううう・・・・

※※※   ※※※   ※※※

そういえば
音楽活動をストップした頃から
絶対やりとげると決めて
こつこつ頑張ってきた事のひとつが、今月というか
3日程前に終わりました。
長かった…・。

あともうふたつが終わったら
また物を作る生活に戻ろうと
もう何年も前
誰にも言わずに、こっそり決めて
ひっそりはじめて今に至る。

みっつのうちの、ひとつが終わっただけなので
あんまり感慨深さとか、そういうのないけれど
修行のようなものが
やっとひとつ終わったのだなあ。と思うと
やっぱりうれしいものです。

日曜の真夜中
バーチーが遊びに来たので
ラーメン太陽を食べながら
そんな話をした。
全てが終わるまであと少しだー。
そしたら
また音楽ができるよ、ものがつくれるよ。
やばいな、うれしいな。というと
よかったじゃん。とパーチーが笑う。
そのまま今回の手術の話や
入院のあれこれ
万が一のことづけをする。

そいや、俺の職場に
新撰組の隊士の子孫だか親戚だかがいるよ。と言われ
な、なんだと?!と、興奮していると
なんか蔵に火縄銃だかなんだかがあるけど
国宝級のやつで
公表すると持ってかれちゃうから
爺さんが管理してるんだと。
へー、会ってみたい会ってみたい。
言っとくわー。
あ、チャーシューあげる。
あ、もらうわ。
あついな。
あついね。
うまいー。
そうね。
もし私が死んだら
うちにあるもの、もうバーチーに全てあげる。
じゃあエフェクター一個残して
あとは全部売るかな。
この薄情者!!
だって正直邪魔だし、
エフェクター一個で充分っしょ。
いや、蔵作っておいといてよ
国宝になる可能性ゼロだけど。
物置は買うけど別の物置く予定だから無理。
ひどい、、、
あ、進撃の巨人始まっちゃうから帰らなきゃ。
はいはい。
あ、そいや入院の日仕事休みだったから
病院まで送ってやるよ。
うそ?!いいの?!流石バーチーさま!!

そんな話をしながら店を出て
つうかさ、権守フラグ立ちすぎじゃね?
死ぬんじゃね?
なんて言い出すので
た、たしかに、、、と答える。
つうか入院前に死ぬんじゃね?
今日の帰り道とか。
は?!
ほら、権守そういうのもってんじゃん、、
たしかに、、、
なんかあれみたい、君の膵臓を食べたいだっけ?
知らん。
いやだーそんな二番煎じいやだー。
念のため家まで送るわ。
え?!そんなに?!

と、くだらない会話をしながら
久々のバーチーに癒されるのでありました。

※※※   ※※※   ※※※


コメントで頂いた
「風光る。BL要素が多いような。こ
れが、当時の日本では普通だったのか、少女漫画としての演出なのか?」
の件ですが

江戸時代は性に関してとても自由だったそうで
調べてみると、とってもカオスです。
かの有名な、司馬遼太郎先生の燃えよ剣の冒頭からも
その様子は垣間見えるかと。

男色は平安時代からはじまり
戦国時代には、武士のたしなみレベルになったと言われていますし
平成の世を生きる我々の性に対する常識、道徳のようなものは
明治維新以降、宗教や異文化が移入してきてから
確率されていったもののようですよ。

さて、風光るという漫画のBL要素が強すぎる件ですが
少女漫画だからBL要素が強いという事ではございませぬ、
こちら、もちろん史実に基づいているものかと。
局長の近藤さんも友人に
「当節婦人と戯れ候事いささかもこれ無し。局中しきりに男色流行仕り候。なお帰府の上、申し上げたし。」
なんて手紙を出している程。
新選組の屯所では性病も大流行だったなんて噂もありますし
そういったシーンにもしも抵抗があるようでしたら
さらり、読み流してしまわれるのが一番かと思います。

※※※   ※※※   ※※※


先週の月曜日。
入院前検診の担当の人に
「手術内容の確認ですが、今回は卵巣摘出ってことですが」といわれ
えええー!私は部分だけ切るって聞きましたが・・・!
「え、でもこの手術内容だと全摘出ですよ?」
私、今回腫瘍とってもまた出来る可能性があるってきいて
開腹手術を何度もするよりは取ってほしいって言ったんですけど
先生に、年齢的に摘出はやめましょうって言われたんですが・・・・
「いや、だってあなたの場合・・・
卵巣と大腸がくっついてるっぽいから
摘出以外は無理ですよ?」
え・・・・?
そうなの・・・・?
はつみみ・・・・!
「私は担当医じゃないんで、紙に書いてあることしかわかりませんが、、、」
そうですよね、、すみません、、、、
「当日先生に確認してみて下さい」
は、はい、、、え、当日?!そういう感じ?!

続いての説明は麻酔科。
「この麻酔方法で手術すると言われてると思うんですが(以下略)」
き・・・きいてないです・・・・

思い返せば
入院の日取りを決める時
会社のこともあるので、早めに確定日付が知りたい旨伝えると
3日以内に確定するから連絡する。と言われるも
まったく連絡がなかったので電話確認。
看護師さんは良くわからないけど多分大丈夫というあいまい具合・・

で、そこから3か月後の2週間前。
いざ入院前検査で採血、心電図、なんやかんやと撮り終わった後の診察室。
「その日手術無理なんで、別の日で!」と言われ
えええー!私、変更になる場合は連絡欲しいって言いましたよね・・・・
と、いうと
めっちゃ貧乏ゆすりをしながら
「最近決まったんで」とイラっと吐き出す担当医・・・
そうしたら、お正月とか、9月の連休とかに変更したいんですけど・・というと
「ああ、先延ばしでも良いですけど、今迄受けた検査全部やり直しになりますね」とバッサリ。
だったら!せめて!今日の検査の前に言ってホシカッター!!

検査やら何やらで4日くらい仕事休んで・・・
うーん・・・・やり直しか・・・・
まあ致し方ない・・・・
というかもう別の病院に変えたくなってきたばい・・・
と、思っていると

「今すぐいつにするか決めてもらえます?」との圧が・・・・

会社に確認してきます・・と言って診察室を出て戻ってくると
「あ、やっぱり日程通りで大丈夫です、他の先生がやることになりました」
えええー!そしたら、すみません、もう一度会社に・・・と言って
診察室を出て戻ってくると
「ほかの患者通しちゃったから、ちょっと待ってて」
は・・・はい・・・・
「来週あたりに検査前検診と麻酔科の説明聞いてもらって、
このあと受付で入院の書類書いたりしてください。」
はい・・・・と、答えると、その後無音。
「あ、診察終わりましたんで」と、看護師さん。
あ、あの。。。。診察の予約票とかってこの科は頂けないんでしょうか・・・
と、恐る恐る言うと
「あれ?出してなかったっけ?」という具合、、、

もう・・・おいどん怖いでござるよ、、、、

FU/A/N

こうご期待!!

※※※   ※※※   ※※※

そして今年もセブンイレブンで北極を買い占める。
青唐辛子を買い占めて調味料をつくる。
でも食べるのは我慢。
実は胃がやられているのを知っている。
胃潰瘍の時と似たような症状が出ているのである。。。

もうあかん!!!

世界に向けて、かんぞくばら!!!


またね。




2018.07.18 Wednesday  自分自身は何も持っていない事を一つずつ理解していくための

極限まで冷房をつけない派のくせに
7月中にエアーコンディショナーのボタンを入れてしまった私ですが
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

昨日の入院前検診で
「煙草やめないと手術出来ないよ
アイコスもだめだよ。」と言われ
慌ててVAPEを買ってきました。

バイト先で、使い方がわからず、うだうだ言っていると
近所のフィリピンパブで働くフィリピンの男の子が
「店長、やってあげるよ」と
瞬く速さで英語の説明書を読み上げ
日本語で「こうするんだよ」と教えてくれた。
おおー。すごいすごい。
しかし
うむ
これでやめられる気がまったくしないんだが・・・・と、うなっていると
隣の店の店長が
「もうさ、それ買ってる時点でダメだよね。やめる人ってスパっとやめるよね。」

ごもっともです・・・・

※※※   ※※※   ※※※

日曜日は、去年くらいから仲良くなった
1つ年上の八王子出身の先輩ズ
(先輩たちは幼馴染)
(自転車多摩湖ツアーの面子)と
マッスルモンスターに行ってきました。
巨大アスレチック的なやつです。

最初はあまりの高さと強風に
む・・・無理かも…・と思いましたが
元々高いところと火が好きな私。
やばーい!たのしー!ひゃーーー!!と
大変ご機嫌でした。

お陰で、とっても日焼けし、二日程筋肉痛・・。
この二人と会った後は、概ね筋肉痛な気がします・・・。

※※※   ※※※   ※※※

2.3か月ほど前に引っ越してきた
高校を中退した高校生の年齢の男の子。

ホストを目指していたけど親に止められたとか
寮生活が合わなくて高校を中退したとか
そういったことを不動産会社から聞いていて
五月蠅かったらすぐに苦情を出してくださいと言われるも

私も楽器を弾くし、お友達のたまり場になる事も多く・・・
ご近所様には、もろもろご迷惑をお掛けした記憶もあり・・・
多少うるさくてもお互いさま!と思うし
自分から苦情は絶対に出さないと決めていたし
引越したての週末なんて、そりゃあ、友達を呼んで騒ぎたいわよね。
高校生がお酒なんて、なんて言えるわけないよね、みんなやってたでしょう、こっそり。
と、思ってはいたものの
ごめんよ少年。
おばちゃんは朝7時半に起きて仕事に行かないといかんのだ。
毎日4時間睡眠、1日一睡出来ないと、一週間が辛くなるのだ・・・。

と、いうことで

いつもの様に、仕事を終えて、バイトを終えて家に帰ると
二階の窓から道路に向けて、マーライオンしている少年が目に入る午前2時。

おいおいおい・・・・
こいつは今日もヤバそうだぜ。と思っていると
それは想像をはるかに超えた五月蠅さでびっくり。
あかん。こいつは眠れぬぞ・・・・と思っていた朝6時。
近所の誰かが警察を呼びなすったようで。
しかし、まっすぐ歩けない程酔っ払った少年は
いろんなものをなぎ倒し、壁やドアにガンガンぶつかりながら
「すみませんでしたー!!!うちの組のもん呼びましょうか?警察とか糞なんで!!」
「すみませんでしたー!!!!」と怒鳴り散らしているのであります。

こいつは・・・あかん・・・

警察が帰った後は
おいてめーのせいだろうが!!どかん!がしゃん!ばーん!!

う・・・余計あかん・・・・

と、今度は私が警察に電話する朝7時。

その後も変わらぬうるささを発揮する少年たちに
また別の誰かが警察を呼んだようで
怒鳴り散らす少年の声をBGMに、うとうとうとうと・・・。

朝8時、色々諦めお風呂に入りながら不動産会社に電話。
さすがに・・・あれはあかん・・・と伝えると
すぐに折り返しの電話。
「今、ご両親と警察がそちらに向かっているので家に居て下さい」とのこと

いや・・・・わし、仕事・・・・・
と、思いながらも、会社に隣人トラブルで遅刻するとメールを送り
いざ、ご両親とご対面。

顔を合わすなり
深々と頭を下げられ・・・
誠に申し訳御座いませんでした・・・と一言。

観た年齢よりも髪の毛が白いのは、きっとそういうことで
あくるひの自分の両親と重なり
何かフォローを、、、フォローを、、、と思っていると
当の本人は急性アルコール中毒で運ばれ
アパートは強制退去になるとのお話。

「あなたが、2回、警察を呼んでくださったんですよね?」と、母親から訊かれ

ああ、なんかこれ、私がダメなやつだ・・・と気づく頃には時すでに遅し。

いたたまれない気持ちで1週間を過ごし
散髪に行こうとアパートを出る、土曜の正午。
隣の少年が母親を怒鳴り散らす声が聞こえます。

ああ・・・・なんだかな・・・・。と、思いながら散髪から戻り
バイトへ行く支度をしていると
待ち構えていたかのように鳴るのはドアーベル。
その先には、隣の少年のお母さんが立っていた。

引越しのご挨拶とのことで
何か言葉を探していると、あ、そういえば。と
「先程、怒鳴り声が聞こえましたが、大丈夫でしたか?」と訊くと
そこから始まる、お母様の愚痴タイム。

ほら、最近息子が親を刺した事件とかあるでしょう
私たちもいつか刺されるんじゃないかと思って。
もう私たちじゃ手に負えなくて・・・
社会に出れば、誰かが叱ってくれたり、鼻を折ってくれたりするでしょう?
最初ここの大家さんに、隣が女性だと聞いて
もっと怖い男の人だったら良かったのにと思って・・・・
息子も、警察呼ぶ前に直接注意しに来て欲しかったって言ってましたし・・・
引っ越した後、何度か挨拶に伺ったんですが、ずっとお留守だったじゃないですか?
あの時顔を合わせていたら、絶対こんな事になってなかったと思うんですよ。
そうそう、友達関係も、昔は良かったのに
今じゃどんどんおかしな人たちと繋がって行って・・・・
あ、でも次のアパートも見つけたので
そこではおとなしくしてくれると良いんですけどねえ

と、一通りお母様が話し終えたのを訊いて絶句状態の私が
どうにか言えた精一杯の嫌味は
「こうやってお話しさせて頂いた限り、ご両親はとてもしっかりされた方々なので、
きっと息子さんも大丈夫だと思いますよ。」
だった。

まあ、
これが嫌味だと気づくこともないだろう人なんだろうな。と
なんだかとてもやりきれない気持ちで、
わたしはバイトに遅刻するのでありました。

※※※   ※※※   ※※※

新選組にハマってはいるものの
好きなの?と訊かれれば
ううむ・・・それとは違うかな。と思ってしまうし
どこがどういいの?と訊かれれば
とても上手く答えられない状態なので
手持ちの言葉で正直に言うと
ただ、ただ、とても興味がある。という、ただそれに尽きる訳です。
語れるほど詳しくもないですし(おい、先日のブログは何だったんだ?)
まだ消化途中なので・・・いかんせん・・・・

ただ、新撰組という過去実在したと言われる団体にハマってみて
歴史の楽しみ方を見つけられたといいますか。
かつて、実在していた人たち、場所、ものごと、が
今の自分では想像も発想も出来ないようなルールの上にあった。
でも、それが同じ人である。という三連が
ハマるきっかけだったのかな。と。

例えば。
前回の、日野新選組ツアーで一番ぐっときたのは
とんがらし地蔵。だったんですけども
1766年、今から252年前よりある地蔵が
今もこうやって眺めることの出来る状態にあることや
252年間、さまざまな人の目にさらされ
かの沖田総司もお参りをして居たなどと訊けば
ああ、本当に彼らは実在していたのだなあ。と
なんとも不思議な気持ちになるものです。

あと、跡地ですね
試衛館跡もそうなんですが
今はもう何も関係ないものが建っているし
ただ、そこにかつて、あったかもしれない。と言われるものですが
今に至るまでの風景の移ろいなぞ
誰一人として見た人がいないというところがまたいい。
そして、その地面の上には、色々な歴史やドラマがあったという事実があると思えるところが良い。
そりゃあもちろん、
今こうして座っている場所にも何処にもあるわけですが
それを知る方法なんてどこにもない訳で
でも、歴史上の人物が残した物ものにより
記されたその場所には、それを想像する可能性があることにも、ぐっとくるわけですね。

だったら別に新撰組じゃなくても良かったのではないか?と、言われそうですが
先に書いた通り
うん百年前という、想像しがたい環境下で
新撰組という組織は、
私が素通りしてきた程度の歴史の登場人物の中で、(つまり、ほぼ良くわかってない)
もっとも(といっても、他は・も、良くわかってない)私の
理解と想像が触れられるところにあった訳です。

うーん。
なんか違うな、書けば書くほどなんか違う。
から、この件は一旦放置でお願いします。

まあ、とりあえず京都の次は
柏尾古戦場跡へ行って
会津藩士・柴田八郎謙吉の墓と地蔵院に寄って
もはや見飽きた甲府城を巡ったあとは、
植木屋平五郎宅跡(東京都新宿区大京町29)から
今戸神社(東京都台東区今戸1−5−22)に行って
元麻布 専称寺を通って
フライングで行っちゃったけど、もう一度板橋に行って
最後に五稜郭の予定です。

※※※   ※※※   ※※※

とりあえず8月7日入院
8月8日手術です。

ちょこまかしよう。

またね。




2018.07.12 Thursday  てろてろしてる。

眼球が治ったと思ったら風邪を引いて
風邪を引いたと思ったら胃腸炎になって
そうこうしてたら入院と手術の日も決まって
わっちゃわっちゃわっちゃわっちゃ。

とりあえず、何かあったときのために
バーチー出動要請の申請をしておかねば。
遺品整理は親ではなく、
ぜひバーチーに行って頂きたいところ・・・。
といっても、見られて困るようなものは何もありませんが。

京都に一人旅に行くべく
それはもうずっと京都の地図を眺めております。
ええ、もちろんめぐるのは新撰組関係のみです。
でもちょっとミーハー心が出て、稲荷伏見には行きたい。
えへへ。

ちなみに京都一人旅は、手術のご褒美の予定。
まあ、無事退院できればですよ。予定日までに、、、。
合併症なんて糞くらえです。
延長入院程滅入るものはありません。
特に腸閉塞。怖いよ腸閉塞・・・・・。

久し振りに、
血液検査で血を5本程とられてみて
「ああ、そうだ、入院ってこういうのが毎日あるやつだ・・・」と思いだし
なんだかとっても嫌な気持ちぞわぞわ。
ああ、億劫です、億劫。
ああ、痛いの嫌だな・・・。
もうまな板の上の鯉へのカウントダウンははじまっている・・・!!
くっっっ!!!

のらりくらりで居ようとこころみたり
てきとうなふりをして出来なくて結局ひっしこいてみたり。
久し振りに見かけた後姿にギクっとしてみたり
ああ、寝癖位直してくればよかったな。とかね。

ちょこまかちょこまか
面倒な話だったり
いらっとした話だったり
チクっときた話だったり
気づけば全部つながってしまって、
ああ、いやだわ。
わたし、きちんと人間のかたちをしているかしら。


結構あけっぴろげなのよ。
べろんべろんびろん。

久し振りにピロウズとか聞いたら
ほっこりほっこり。

今はまだ余計な事は書かないでよろしの時。


よろし。


またね。




2018.06.20 Wednesday  ほんとうの名前なんて忘れちゃったとサリーが言った。

眼球に水ぶくれができた日曜日。
コンタクトしても、凹凸の間に空気が入り込むのか
すぐに外れてしまうので
おおおおー、おもしろーい。
コンタクトは涙の表面張力によって引き寄せられるって聞くから
あんまり凹凸は関係ないのかと思ってたー!

と、わきゃわきゃしつつ
冷静になり
あれ、これ、まずくないです?

休日の病院は高いけど、そんなことは言っておられんので
急いで休日診察している病院を調べ、タクシーに乗り込む。

しばらくコンタクト使用不可!とのことで
メガネ・・・そろそろ作るか・・・と
眼帯姿で街へ出れば
あれ・・・なんか非常に具合が悪いぞ・・・・。
三半規管弱い所為かしら。と思っていたら
ただの風邪でした。

ここ1年とても体が弱い・・・。
と思ったけど
思い返せば健康だった時の方が少ない様な気もしないでもない・・・。

あれ?おかしいな・・・・。

※※※   ※※※   ※※※

新スタッフ、ニューハーフちゃん。
最初はどうなることかと思ったものの
最近は仲良く楽しく働いている。

お客さんから立て続けに
私の方が老けてると言われたことに味をしめ
仕事中は私の事をお姉ちゃんと呼びます。ので
「お兄ちゃんうるさいよ」と返していたところ
「なんだよおばさん」といってくるので
「なんだよ、くそじじい働け!!」という具合に
中々私も言い返せるようになってきました。
(低レベル

履歴書にさえ年齢を書かず
制服着用も拒否し
洗い物をお願いしたら嫌だと言われ・・・
つわものっぷりを発揮していた初期が別人のよう。

お客さんからも、
あの子働くねえ〜。と、好評化。
うんうん、うれしいうれしい。

わたし店長にはめっちゃ気をつかってるんですよ
今迄こんなに気を使って働いたことないもの!!というので
えええー!気を使ってくれてたの?!気づかなかった!!と、言いましたが
充分気を使って頂いていることは知っていますとも。

※※※   ※※※   ※※※

日曜日、試衛館跡地に行ってきた。
私の家から少し出たところにある早稲田通りを
まっすぐ会社方面に進んだ途中
少し裏路地に入ったところにそれはあった。

ビルと民家の間の細い道の脇にあったのは
美術館に生えている木の横にある「かえで」やら「まつ」やらの
立札程度の申し訳なさと同じ具合のそこには
「試衛館」跡。と言う文字と、簡単な説明だけが書いてあった。

記念に写真を撮っていると
そこにいた棒振りのアルバイトの人が
「ここってそんな有名な何かなんですか?
ただのビルと民家の間ですけど・・・
今日一日だけで、随分な人が写真だけ撮って帰っていくから気になって・・」と言うので
思わずくすりと笑ってしまった。

試衛館というのは
新選組局長の近藤が四代目とし
総長の山南、
副長の土方
一番隊組長の沖田に
二番隊組長の永倉。
六番隊組長の原さん、八番隊組長の藤堂、十番隊組長の原田が出会い
門生、食客として集まった場所と言われる道場。

そんな場所に立ったものだから
滾りますなあ。とひとり満足げに家路へつくのでありました。





※※※   ※※※   ※※※

昔働いていたbarに顔を出した時
どこぞのアニメ会社の人が来ていて
丁度隣り合って座ったこともあって
その人の話をうんうん訊くことになった。

大手から独立してアニメ会社を立ち上げたが
何本か失敗してすぐ会社を潰してしまったと言っていた。
「アニメをつくるものは
心が弱いものが多い。
アニメを心のよりどころに生きてきた
弱い弱い人間が多いのに
それを寄ってたかって2ちゃんねるで叩くなんて
消費者はどうかしている」と言っていた。

なるほど。

※※※   ※※※   ※※※

ふ。と、思い立って
お絵かきブログでも始めようかと思い
ぽてんとお気に入りのジェルボールペンを手にとってみたものの
あれ、おかしいな。
人間の形が描けなくなっていて、びっくり。
その時、
もうずいぶん弾いてないピアノやギターの事を思ってぞっとした。

※※※   ※※※   ※※※

それではみなさまよい週末を。




またね。




<< / 2 / 103 / >>

Profile

Archives

admin